2009年7月 1日 (水)

2009・24・25・26冊目




久しぶりに、ほぼ定時に帰った。

購入したメガネを取りに行くため、有楽町へ。

いつもよりゆっくりした足取りで歩いていると、夕方の18時代というのはこんなにも平和な空気が流れているのかと少し圧倒された。

仕事が遅いため、大体変えるのは早くても21時過ぎ。
夕方の有楽町の雰囲気に、かなり新鮮な思いがした。

なにより嬉しいのは、きれいな人が非常に多いことだ。
すれ違うだけでは本当にもったいない。

歩いただけなのに、ゆったりした気分になれた。

単に定時に上がっただけなのに、それが奇跡的なことに思えることに萎えるのではなく
感謝したいと思う。


ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫) Book ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

著者:本田 健
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


遊びの品格

      
遊びの品格

著者:川北 義則

遊びの品格

話ができる男、バカになれる男、男が惚れる男―「人間的魅力」の育て方

      
話ができる男、バカになれる男、男が惚れる男―「人間的魅力」の育て方

著者:山崎 武也

話ができる男、バカになれる男、男が惚れる男―「人間的魅力」の育て方

| | コメント (33) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

2009・23冊目

日本の10大新宗教 (幻冬舎新書) Book 日本の10大新宗教 (幻冬舎新書)

著者:島田 裕巳
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する



天理教や創価学会など戦前から勢力を伸ばしてきた新宗教について、まとめられた1冊。

新宗教が母体となっている高校が、甲子園での常連校が多いという事実に初めて気が付いた。その理由としては、自己実現ということに重きを置く宗教が多い中、スポーツもその一環として捉えることにあるようだ。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

2009・22冊目

孫正義 世界20億人覇権の野望 Book 孫正義 世界20億人覇権の野望

著者:大下 英治
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ソフトバンクの経営層には、他の企業から引っ張ってきた人が多い。(現在はいない人もいる)

みずほの笠井和彦。野村證券の北尾吉孝。電通の栗坂達郎。光通信の久木田修一。

マイクロソフトの阿多親市。リクルートの青野史寛、北澤孝太郎。

孫正義に魅かれて、ソフトバンクへ移った人も多い。

60代で事業を引き継ぐ予定である。現在51歳なので、あと20年程度。

その頃、中枢を担うのは、現在の若手社員か外から入ってきた人か。

近い将来、ソフトバンクグループは、業界問わず優秀なビジネスマンが凌ぎを削る場になっているに違いない。

それにしてもサラリーマンのタレント化、スポーツ選手化は今後どれくらい進むのか、進まないのか?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

2009・20冊目

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法 Book 一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法

著者:熊谷正寿
販売元:かんき出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

神保町に、タンゴがきける喫茶店がある。その近くの古本屋で3冊500円という特売をやっており買った一冊。 

孔子、孫正義、熊谷正寿・・・・乱暴に3人出してしまうが、共通点がある。

ゴールが既に決定していることである。
それは、何歳の時に、何を実現するかを予め決まっているのだ。

孫正義であれば「20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を最低で1,000億円貯め、40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を後継者に引き継ぐ。」
というもの。

先に締め切りを設けてそれに向かうのみというスタンス。なんともシンプルな生き方だ。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009・19冊目

ソフトバンク「常識外」の成功法則 Book ソフトバンク「常識外」の成功法則

著者:三木 雄信
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ソフトバンクのプロジェクトには、ある法則がある。それは、「4畳半」からスタートした事業は、成功するというものだ。ソフトバンクBBが一例で、当初は数人しかいなかったいう。
逆に、十分な予算を割り当てられて鳴り物入りでスタートした企画は頓挫することが多いという。
とにかくマニュアルがない会社である。前例がないことが毎日のように起こる。その場で対処方法を考え、即実行する。これが毎日繰り返される。
つまり、スピードが最も重要であり、もたもたしていると置いていかれる。

ソフトバンクで生きるのに必要な能力は、スピードである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

かわいい猫

久々のヒット。これは名作です。

http://www.youtube.com/watch?v=ZUOH2LkD0pM

リンクになってないですけど。なんでだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年4月11日 (土)

2009・18冊目

無趣味のすすめ Book 無趣味のすすめ

著者:村上龍
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する


自分にはこれといって趣味がない。社会人になって、休日は何をしているのかと聞かれることが多くなった。「特にないです」というと、説教されてしまうこともあるので、適当に水泳ですとか答えている。読書と言っていたこともあるかもしれないが、「趣味は読書」とは人に言いづらいものだ。

単純にタイトルにひかれて手に取ったのが本書だ。

有能なビジネスマンの凡事徹底とマスコミが使うフレーズへの違和感が手をかえ品をかえ
描かれている。

慢性的な情報不足と周りの雰囲気に毒されやすい就活生にとっては、特に得るところが大きいように思う。本書からは世の中や自分に対して、クールに備えていくことの重要さを学べる気がする。

自分も新卒に1本毛が生えたような存在なので、自分を過大評価することは拒絶しつづけないとまずい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 5日 (日)

2009・8本目

イントゥ・ザ・ワイルド(DVD) イントゥ・ザ・ワイルド(DVD)
販売元:ハピネット・オンライン Yahoo!店
ハピネット・オンライン Yahoo!店で詳細を確認する

8本目。

人間はひとりでは生きていけないことがよくわかる1作。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009・17冊目

眠る秘訣 (朝日新書) Book 眠る秘訣 (朝日新書)

著者:井上 昌次郎
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


極めて睡眠不足に弱いため、何か対策を練らねばと思っていた中で見つけた本。

睡眠欲を凌駕して頑張れるのは、高いモチベーションが発揮される時だけで、基本的には睡眠不足は大脳の活動を鈍化させることが判明。

眠りたいのを我慢してまで頑張るのは、あまり得策とはいえないようだ。
特に、睡眠あっての活動というタイプの人は、よく寝るべきだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

2009・16冊目

世界トップクラス営業マンの1年の目標を20分で達成する仕事術  /林正孝/著 [本] 世界トップクラス営業マンの1年の目標を20分で達成する仕事術  /林正孝/著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

久しぶりに夢中になって読んだ本です。とにかく人に薦めたくなる本。

違和感を感じるところに身を置くべきという考え方が面白い。

安全領域から逃走し続ける著者の話には、思わず身を乗り出してしまう。生き様に、営業スキルが反映されているところも、非常に勉強になる。

受話器と手をガムテープで固定してテレアポをやっていたとき、トイレに行く時、受話器の方を外していたというのだから、こういう営業マンは売れるほかない笑

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«2009・15冊目